第3世代Core i5 デスクトップ

おすすめ度★★★

第3世代、4コアのCore i5 3470搭載した富士通製デスクトップ。
キーボード、マウス付属しています。
DVD書き込みできます。
リカバリディスクの作成可能です。
Core2DuoクラスのPCからの買い替えにどうでしょう。

Core i5 3470 3.2GHz /4GB /500GB /DVDマルチ /Win7(HDDリカバリ)

富士通 ESPRIMO D582/E 仕様

税込 26,800 円 送料無料
【3年保証】 中古パソコン 富士通 ESPRIMO D582/E [Core i5/Windows 7 Professional/デスクトップ] - 中古パソコン PC-WRAP
【3年保証】 中古パソコン 富士通 ESPRIMO D582/E [Core i5/Windows 7 Professional/デスクトップ] - 中古パソコン PC-WRAP

中古パソコン PC-WRAP ショップレビュー

この記事へのコメント

  • 杜人

    windows7のOSのPCを購入すると、サポート期限切れの2020年で使えなくなるんですかね。
    2017年01月17日 13:43
  • >杜人さん

    PC、インストール済みのOSそのもの使えなくなるわけではありません。
    サポートが無くなるだけです。XPと同じです。
    セキュリティに関してもアップデートが行われなくなりますので、ネットに繋いで使うには不安が出てきます。
    他のソフトウェアもWin7はサポートしなくなったり、対象外とアップデートが出来なくなったり、新たに周辺機器を追加したい時にドライバが用意されなくなったりと不都合が出てくると思います。
    サポート期限後のライセンス認証については不明です。リカバリ後認証が必要になるような状態の場合は、使用そのものが出来なくなる可能性があります。
    (ただ、即不可になる可能性は低いと思います。)


    3万円以下の中古PCを購入しようと選択する場合、元々に販売製造年度は大抵2013年以前の物がほとんどです。
    これを長期利用で購入するのは無理があります。
    性能、機器の耐久性寿命を考えると2020年まで使えれば十分だと思います。

    2020年で使えなくなる(使わなくなる、それまでには壊れる)という考え方で購入されたほうが良いです。
    私も度々中古PCを購入していますが、だいたい買い替えサイクルは3年程度ではないかと思います。

    もちろん、特定用途(ネットに繋がずスタンドアロン)で使う分には、OSは古かろうがどうだろうが、PCが壊れるまでは使えますよ。
    2017年01月17日 14:35

この記事へのトラックバック